中央卸売市場&エコパークあぼし視察

本日、市議会1期の6人で、姫路市中央卸売市場とエコパークあぼしの視察に行って参りました。

 

まずは会議室で簡単な説明をうけた後、場内を見学させて頂きました。

市場に伺った9時過ぎには、くだものの昼セリが行われており、場内には威勢の良いかけ声が響いておりました。
写真はみかんのセリの模様です。
過去に比べ、取り扱い量が減少している中央卸売市場ですが、排出されるゴミの量は減っていないという摩訶不思議な現状であるという説明をうけました。
というのも、「安全性・新鮮さ」を確保するために、以前よりも個々の包装が厳重になされていることが、ゴミの量が変わらない要因であるとのことです。

安全性を高めるために、ゴミの排出量が多くなってしまうという現実に、1人の消費者として、考えさせられる内容でありました。

次に市場から車を飛ばし、一路エコパークあぼしへ!!
網干環境楽習センターでは、子ども達に「人と環境」について、分かりやすく楽しみながら勉強する事が出来るように工夫がなされていました。

写真は再資源化の為に、ビンを人の手で分別している模様です。

割れたビンなので、当然危険を伴う作業ですが、淡々とこなしてらっしゃる作業員の方々の姿に感服をいたしました。

こうして人の手で行われていることを、多くの方に知って頂ければ、家庭のゴミの排出、また分別に対する意識も変わっていくのではないかと考えさせられました。。。

こちらは焼却ゴミ。これほどの量を、24時間炉を絶やすことなく焼却している現状を見ることが出来ます。

私達が日常生活を送る中で、ゴミは必ず排出されてしまいます。

だからこそ、様々な方に見学に来て頂き、もう一度地球環境について考えて頂きたい、そう深く感じた視察でありました。

 

事故が起こってしまった「健康増進センター」もオープンに向け建設が進んでおります。

たくさんの人に安心して利用して頂ける施設になるよう、我々も一生懸命チェックして参りますので、よろしくお願いします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です